>> 製品情報 > IR-10-43HT-22BHT

流通型残留塩素計

貯湯槽・給湯器などの高温水用の残留塩素計

インライン型 : IR-10-43HT-22BHT
概要
 本器は、検水温度 75℃までの高温水を直接測定可能とした流通型の残留塩素計です。検出部には、選択的に残留塩素を測定できる微小固体3電極方式を採用し、ビーズ噴流による電極洗浄および電解洗浄機能が装備されています。
 一般的な残留塩素計では適用できない貯湯槽や、給湯器など高温になる検水の残留塩素濃度測定に最適です。
IR-10 コントローラ
IR-10 コントローラ
IR-10-43HT-22BHT
IR-10-43HT-22BHT
特長
高温になる検水の直接測定に対応しました。
貯湯槽・給湯器・温泉水などの残留塩素管理に最適です。
常用温度範囲を 35 〜 75℃としました。
主な仕様
一般仕様 IR-10-43HT-22BHT
測定成分 Aモード:遊離残留塩素
Bモード:全残留塩素
測定原理 Aモード:ポーラログラフ法
Bモード:ボルタンメトリー法
測定方式 ビーズ洗浄型微小固体3電極方式
測定濃度範囲 0 〜 2.00mg/L
繰り返し性 フルスケールの±5%+1ディジット以内
※流量、pH、温度、電導度が一定のこと
検水pH範囲 Aモード:pH 5.8 〜 8.0
Bモード:pH 5.8 〜 8.6
※急激なpH変動や0.5pH以上の変動が無きこと
電導度範囲 10mS/m以上
※塩化物イオン1000mg/L以上の場合ご相談下さい
検水温度範囲 35 〜 75℃(常用)
接点出力 上限警報・下限警報 各1a
制御出力 1a
制御幅設定スライドスイッチにより選択可能
応答時間 90%応答 1分以内
温度補償 サーミスタによる自動補償
設置場所 屋内
設置方法 壁面取り付けまたは50Aポール取り付け
構成部品
IR-10-43HT-22BHT
品名 型式 数量
コントローラ IR-10 1台
フローセル FC-43HT 1式
センサ RE-22B-HT
または RE-42B-HT(オプション)
1本
センサケーブル CT4S-005N 1本
標準付属品 1式
詳細につきましては、カタログと機器仕様書・外観図が技術情報からダウンロードできます。
▲製品案内TOP