>> 製品情報 > IR-10-40W

流通型残留塩素計

温浴装置、ホテル、スーパー銭湯などの浴槽の残留塩素管理に最適な残留塩素計

インライン型 : IR-10-40W
概要
 本器は、多様な共存物質が存在する温泉水中での残留塩素測定が可能な計測器です。検出部は、センサに定評のある 3電極式を改良した特殊比較電極を採用した、捨て水無しの流通型検出部です。
 モニタ部には取り扱いの容易なIR型を採用しました。
 一般的な残留塩素計では適用できない塩化物泉や、ヨウ素・臭素を含有した各種の温泉水中の残留塩素管理、さらにモノクロラミン処理による全残留塩素濃度測定が可能です。
IR-10-40W
IR-10-40W
検出部 : FC-40W
FC-40W
特長
多彩なサンプル水に対応しました。
安定して残留塩素を測定することができます。
遊離塩素測定と、全残留測定を選択することができます。
モノクロラミン処理測定が可能です。
主な仕様
一般仕様 IR-10-40W
測定成分 Aモード:遊離残留塩素
Bモード:全残留塩素(オキシダント)
測定原理 Aモード:ポーラログラフ法
Bモード:ボルタンメトリー法
測定方式 ビーズ洗浄型微小固体3電極方式
測定濃度範囲 Aモード:0 〜 2.00mg/L
Bモード:0 〜 5.00mg/L(出荷時設定)
※表示範囲はA/Bモード共に0〜5.00mg/Lとなります
繰り返し性 Aモード:フルスケールの±5%+1ディジット
Bモード:フルスケールの±10%+1ディジット
※流量、pH、温度、電導度が一定のこと
検水pH範囲 Aモード:pH 5.8 〜 8.0
Bモード:pH 5.8 〜 8.6
※急激なpH変動や0.5pH以上の変動が無きこと
電導度範囲 10mS/m以上
※塩化物イオン1000mg/L以上の場合、淡水と比較して電極寿命が短くなる場合があります
検水温度範囲 0 〜 45℃(凍結なきこと)
接点出力 上限警報・下限警報 各1a
制御出力 1a(設定範囲:0.20mg/L〜フルスケール濃度)
制御幅設定スライドスイッチにより選択可能
@:制御設定値±0.20mg/L
A:制御設定値±0.10mg/L
B:制御設定値±0.05mg/L
応答時間 90%応答 1分以内
温度補償 サーミスタによる自動補償
設置場所 屋内
設置方法 壁面取り付けまたは50Aポール取り付け
構成部品
IR-10-40W
品名 型式 数量
コントローラ IR-10 1台
フローセル FC-40W 1式
センサ1 RE-232BC-005N 1本
センサ2 PRE-40-005N 1本
標準付属品 1式
詳細につきましては、カタログと機器仕様書・外観図が技術情報からダウンロードできます。
▲製品案内TOP