>> 企業情報 > 会社沿革

会社沿革
1994年
(平成6年)
10月 残留塩素濃度計などの酸化剤還元剤用計測機器の製造販売を目的に
東京都西多摩郡瑞穂町にテクノエコー有限会社を設立
1995年
(平成7年)
9月 水道水・スイミングプール用の3電極式ポーラログラフ法残留塩素計
を開発・製造販売開始
1996年
(平成8年)
11月 食品工業向けボルタンメトリ式高濃度残留塩素計を開発
製造販売開始
12月 有限会社から株式会社へ組織変更
1997年
(平成9年)
2月 株式会社イワキへのOEM供給を開始
2000年
(平成12年)
10月 東京都西多摩郡瑞穂町から現住所へ移転
2001年
(平成13年)
11月 温浴装置用残留塩素計を開発・製造販売開始
2007年
(平成19年)
9月 ロガー機能搭載・高機能型モニタ(GRシリーズ)を開発
製造販売開始
2010年
(平成22年)
5月 IMOバラスト水管理条約によりBWMS用オキシダント濃度計
(TRO計)を開発・製造販売開始
2013年
(平成25年)
7月 上水水質モニタ用装置組込型残留塩素計を開発・製造販売開始
2014年
(平成26年)
3月 内視鏡洗浄装置用・組込型濃度計を開発・製造販売開始
2016年
(平成28年)
12月 株式譲渡により株式会社イワキの子会社となる